×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

六三四の剣(8)

全国武者修行の途中、六三四は熊本の洞穴に潜む剣の鬼・古川兵衛(ひょうえ)と出会う。
強烈な二刀流殺人剣を前に、六三四の上段は敗れ去ってしまうのだろうか!? そして奈良ではついに、最強のライバルにして親友・東堂修羅との再会。
二人の勝負の行方は…!? 全国武者修行から盛岡に戻り、翌年の大会に向けさらに剣に磨きをかける六三四。
同じとき、六三四の母・佳代は、同僚の八重樫先生からの求婚に心が揺れていた…。
「母っちゃの剣さ、みてえ!」六三四の言葉に佳代は、18年のブランクを越え、再び剣道日本一を目指す!!高校最後の全国大会がはじまる。
岩手の六三四、奈良の修羅、鹿児島の日高、東京の乾。
ライバルたちは最強の座を目座し、それぞれに剣の力と精神を研ぎ澄ます。
剣の道に生き、竹刀の一振りに全身全霊を注ぎ込む男たち! 優勝は一体、誰の手に!? そして、六三四と修羅の決着は!? 時空を超えて現代に蘇った魔女アルマ。
都会の片隅で深夜営業の薬局を営むアルマのもとには心に病を持つ人々が次々に訪れる。
1938年、日本軍の将校であった男は中国河南省の村を襲い、楡の木の下で1人の少年の首をはねた。
それから50年、彼は外務省の役人として再び中国を訪れることになった。
ふと立ち寄ったアルマの店で「中国の少年の撃った弾丸に命を奪われる」と予言される。
河南省を訪れた彼は、1本の楡の木を見て、そこがかつて自分たちが襲った村であることを思い出した。
中世から現代の日本に蘇った魔女アルマは、深夜営業の薬局を営んでいる。
アルマは病める人々に数々の奇跡を起こす。
自分は厚生省の人間だと言う男は、アルマが薬剤師免許を持ってない事を理由に、脅しにかかった。
鈴木と名乗るその男は、実は製薬会社の研究員で、ライバルが自分の出世の妨げになると考え、毒殺しようとアルマに近づいて来たのだった。
誰にも見破られないような毒薬を要求してきた男は、自分でその薬を飲むはめになり、自分が勤めていた会社に実験動物として送られた。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60012756