×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



帯をギュッとね!(25)

高校柔道選手権・静岡県大会。
男子団体戦で浜高は優勝をきめ、残るは女子個人戦。
福岡国際女子柔道大会で優勝した麻里ちゃんは大人気で、サイン攻めに合う。
周囲からの期待が大きすぎプレッシャーがかかるのではと思われた麻里ちゃんだが、そんな心配は全く無用で難なく初戦突破。
52kg級に出場する桜子、赤磐高の別所さんも順当に勝ち上がった。
そして、その二人をマークする三保女子学園の薩川佐代子という、新たなライバルが登場する!春の高校柔道選手権・県予選。
男子団体戦に出場した浜名湖高柔道部は、宿敵・三方ヶ原工高を破り優勝。
静岡県代表として、全国大会への切符を手にする。
だが、県大会は一つの通過点。
目標は、あくまでも日本武道館での日本一。
ところが、その前に恐怖の儀式が浜高の面々を待ち受けているのだ。
そう、その名は泣く子も黙る「期末テスト」!!宿敵・千駄谷学園の試合をビデオテープでみた浜高の面々は、打倒・千駄谷に闘志を燃やす。
そして始まった、春の高校柔道選手権大会・個人戦。
静岡勢の女子では、浜名湖高の麻理ちゃんと、三保女子の薩川さんが大活躍。
男子では、三方ヶ原工の藤田が、千駄谷学園の橘と優勝を争うことに。
白熱する春の高校選手権大会・団体戦。
全国制覇の夢に燃える浜名湖高柔道部は、順調に勝ち進み、まずベスト8に進出。
そしてむかえた準々決勝の対戦相手は、なんと冬の合宿で、ともに稽古を積んだ都立・竹の塚高。
ポイントゲッターの三溝を先鋒に置き、一気に勝負に出た浜高だったが……!?春の高校選手権大会・団体戦。
準々決勝の相手・竹の塚高に対し、次鋒・巧が執念の五人抜きを成し遂げる。
そして、準決勝に進んだ浜高は、超強豪・天味高を巧なしで打ち負かすという快挙を果たす。
決勝の相手は千駄谷学園。
いよいよ雌雄を決するときがきた!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60020445