×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

堀田(2)

「こちら側」に迷い込んでから もうどれぐらいたっただろうか? この暗くじめじめした場所に なすすべもなく閉じ込められれたままの つらく悲しい毎日 いつまで俺はここにいるの? 他の部屋には誰がいるの? 他の部屋でもみんなこういうことしてるの? ここの外はどうなっているの?時は1973年、イナカの中学3年生、三里カズキは、『中2時代』に「世界は、1973年7月23日に終る」と書いてあったので、びっくりした。
一方、新任の外関先生は、就任あいさつで40分間、パンダについて語った。
一方、レコードを聞きにきた志室さんは、ついにカズキに「あたしの足 さわりたい?」と言ったのだった!!というわけでここが天国です いっけん多摩川べりのように見えますが、実は天国です 別に常夏の島とか、いいにおいのオハナバタケとかでなく、僕にはこれくらいがちょうどいい気持ちよさなわけです なんたって「僕用の天国」ですから。
「天国でフリーセックスかいな」というツッコミがきこえてきそうですが、いいんです。
パリの新進デザイナー、カインとアーベルに見出され、瞬く間にモデルとしての頂点を極めたキアラ。
だがキアラの正体はスキャンダラスで多くの謎に満ちていた。
キアラの目的――それはファッション界の大物、ラリックに連れ去られた元恋人、ニーノを探し出すこと。
そしてついに、ラリックと接近するチャンスが訪れる…!!キアラはついにニーノを探しあてる。
しかしニーノは、ラリック夫人の奴隷として麻薬漬けにされており、キアラとの愛の日々も憶えてはいなかった…。
キアラはニーノを助ける為、スキャンダルに身を汚す…。
そして、それをトップスターになるために利用しようと目論む…!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007584