×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



イギリス人の表と裏

「伝統的」「紳士的」「冷淡」などといった、日本人の抱くイギリス人への固定観念は的を射たものか。
古今のエピソードを紹介しながら、イギリス人の表と裏の貌を歴史的文脈の中で考察するエッセー風・新英国論。
明治は、透きとおったリアリズムの時代であった。
幕末から明治へ、新国家建設の時代と人間とを透徹した史観で描きだす、卓越した日本論。
維新を躍進させた風雲児・坂本龍馬、国家改造の設計者・小栗忠順、国家という建物解体の設計者・勝海舟、新国家の設計助言者・福沢諭吉、無私の心をもち歩いていた巨魁・西郷隆盛、国民国家の形成を目指したかれら“明治の父たち”は偉大であった。
本書は、明治草創の精神を捉え直し、「明治国」という人類普遍の遺産を巨細に語りつくす。
これは、著者畢生の日本論であり、鮮明な日本人論である。
今日の日本および日本人をつくってきたものは何であったろうか。
激動の昭和が終わり平成となった年は、世界史の一大転換期でもあった。
時代のうねりは、歴史を書きかえ、人びとは、自らの行く手に思いを馳せる。
歴史のなかに、鮮やかな光芒を放った“「明治」という国家”、その「かたち」を、「ひとびと」を、真摯に糺しながら、国民国家の形成を目指した“明治の父たち”の人間智と時代精神の核と髄とを、清冽な筆致で綴り、日本の国家と日本人のアイデンティティに迫る。
新たな時代へ、次世代を担う人びとへ贈るメッセージ!父親の遺言で日本一のすし職人を目指し上京した巻平を待ち受ける試練の数々。
巻平の日本一のすし職人への道が今はじまった!!巻平は持ち前のど根性ですし職人の腕を上げていき、全国すし技術コンクール東京予選に参加するが…果たして巻平は全国大会へ出場できるのか!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000812