×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



さくらんぼ物語(9)

家族勢ぞろいで迎えたにぎやかなお正月、少し動けるようになった大樹は可愛い盛りだ。
しかし、そんな幸せな時間も束の間、石原のおじいちゃんが人間ドックにひっかかってしまう。
胃潰瘍と診断され、手術を余儀なくされたことに動揺する桜を、たいしたことのない手術だと耕介は慰めるが、実はおじいちゃんの病気はがん! すぐに顔に出る桜に、耕介は真実を話すのをためらったのだ。
不安な夜は続いて――。
家族の心配と不安の中で行われた手術だが、無事成功に終わることができた。
石原のおじいちゃんは、みんなの協力と、桃子と大樹の頑張れコールで元気に回復していき、5月、待ちに待った退院の日を迎えることとなった。
大樹の初節句と桃子のお雛様、にぎやかに家族揃ってのお祝いが行われる。
そして、もう一つのお祝い――この夏、大樹が1歳の誕生日を迎えるのだ。
幼い期間は短い、感慨に耽る桜と耕介だった。
桃子は幼稚園で初めてのボーイフレンドができて楽しさいっぱい! それにひきかえ耕介は、そんな娘にハラハラしっぱなし。
そんな耕介に呆れながらも、微笑ましく思う桜だったが、何か恋愛で悩んでいる義弟の瑞樹が心配でならない――。
そんな折、瑞樹から「恋人と別れた」と聞かされた桜は、その哀しみに一緒に涙する。
しかしそれから間もなく、瑞樹に捨てられたという女の子が石原家に乗り込んできて!?石原家に小さな事件が起きた。
瑞樹の別れた恋人が仕返しに押しかけてきたのだ。
桜のとりなしで無事解決したものの、出会った頃には高校生だった瑞樹も、今ではそんな彼女ができるような年、時の経つのは早いものだと桜は考える。
桃子と北斗は相変わらずの仲良しぶりだが、その北斗ももうすぐ卒園の時期を迎える。
また、瑞樹も就職が決まり、勤務地へと赴くことになった。
春、それぞれの出発が始まる――。
桃子、大樹が大きくなって、さくらんぼファミリー、新築プラン作成中!! ひろ〜いキッチン、窓いっぱいの明るいお部屋、ますます、ほっかほかの幸せ家族! 自立して、失恋した瑞樹も、我が家へもどって傷ついた心を癒します。
そして、ついに新しい恋の予感…!? すべての人をハッピーに! 愛いっぱいのファミリーコミック!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60014038