×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本気!(11)を知っ得!

本気!(11)

とあるトラブルで大阪の天組にあずけられた風組金バッジの本気。
天組は今シマ内で不穏な動きがあり、本気も騒動に巻き込まれているが、そこで因縁の六助と再会した。
六助と本気は…!?大阪・天組にあずけられている風組金バッジの本気。
天組のシマ内の騒動が落ちつき、本気が今、一番気がかりなのは、修学旅行で関西にきて本気の前で倒れた久美子の体の事だ…。
そんな折、天組の組長から跡目の話を持ちかけられたが、本気は天組の組長代行として引き受けた。
風組系列から集優会がぬけ、渚組のシマを狙っていると聞いて、大阪から渚町にもどってきた本気。
本気は渚組の若頭補佐になったが、同じ渚組の暴れん坊の伊三郎が出所してきて本気と!?大阪からもどってきた本気は、渚組の若頭補佐となったが風組系列をぬけた集優会が、渚町に地上げ攻勢をかけてきている…。
土地を狙われている地主の一人から、本気は名義を借りて土地の所有者となり、集優会とまっこう対決する形となった。
そして集優会は!?渚組の若頭補佐になった本気は、風組系列をぬけた集優会とのシマ争いの前線に立っている。
本気は渚町の令嬢、久美子に対し純に一途に思い続けていたが、久美子の父親が本気と久美子がつきあっている事を知り、本気にもう二度と娘と会わないようにと約束させた!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000010