×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イタズラなKiss(16)

啓太に「好きだ」と言われた琴子は、気持ちが揺れ動き、直樹と大ゲンカしてしまう。
「あたしばっかりすごく好きで、もういやだ」と家を飛び出してしまった琴子に対し、啓太は「離婚しろ」と告げる。
そんな琴子に対して直樹は、初めて気づいた自分の本当の気持ちを打ち明ける。
無事戴帽式を終え、病院での実習をすることになった琴子。
ところが、琴子が担当することになったのは、病院一の超ワガママで有名なおばあさん。
また、病院でも人気者の入江くんの奥さんだということがばれて、患者さんも看護婦さんも敵にまわしてしまい、前途多難な予感……!!入江家に1ヶ月間同居することになった従妹の理加は、頭が良い上に美人。
しかも、直樹とファーストキスをしたと聞いて、オロオロと焦るばかりの琴子。
妻のプライドをかけて料理をするが、直樹からは「まずい」の一言。
そんな琴子に、理加は「直樹を返して」と言うが……。
琴子の母・悦子の墓参りに同行すると言い出した直樹。
ところが、琴子と父は慌てて反対。
琴子の母の実家のある秋田で、直樹たちを待ち構えていたのは……想像を絶する熱烈な大歓迎だった!? 親戚たちはみんなお祭り好きで派手好きで、直樹のことをまるで芸能人のように扱う。
そして、墓前で琴子の母に直樹は静かに語りかけるのだった。
琴子を置いて、単身神戸の病院に勤務することになった直樹。
「夏休みになるまで入江くんに会いに行かない」と約束した琴子だったが、直樹が3日間音信不通になったことで禁断症状になり、とうとう神戸まで直樹の顔を見に行くことに。
「遠くから入江くんを見るだけなら」と変装をして病院にやってきた琴子だったが、直樹が美人と良い雰囲気なのを見て、帰るに帰れなくなってしまい……。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60018600